冬の足音がすぐ間近まで聞こえて来ました。北部では雪が降り本格的な冬シーズンです。かと思えば今日は19℃とぽかぽか陽気です。

朝晩の冷え込みは体に堪えますが、風邪などひかない様に十分お気を付けてお過ごし下さい。

 

年末が近づくと歳末バーゲン・歳末助け合い運動・募金など目につきます。

また盗難や事件、この時期は忙しなく感じ、世の中が騒がしくなる時期でもあります。人の出も多くなりますから様々な事が起こるのでしょう。

特にコロナ禍より世の中の流れに変化が起きたような気がします。インフルエンザの流行然り、世界各地で起こっている災害、経済状況の悪化、

円安、それに伴う生活用品、ガソリン、食品の値上げ、戦争勃発。

この時代に戦争などとありえない現実が今も起こっています。もしかしたら現在だから起きるのかもしれません。

「思考の格差」宗教問題や文化の違いは生き方そのものですから否定は出来ませんが、自分の思考で人を変えよう、支配しようとする行為は

違います。人の思考は人のモノ。その境界線が間違っているのかもしれません。

戦争の歴史は領土争い、権力争い、独裁者による権力独占の傷後です。今も人質や捕虜などと言う言葉がニュースから流れてくると

耳を塞ぎたくなります。

思考の格差がもたらす悲劇は子供たちの未来に直結します。

何のための戦争?そこに意味も理由もいりません。人は話し合う事も、心も気持ちも持ち合わせています。

武力、攻撃では悲劇しか生まれず、全てが灰になってしまいます。私が諸外国を止める力などなく、無力・無名です。

しかし温暖化の地球がいつどうなるか分からない状況下で、人が、より一層人と地球を壊す事を歓迎出来ません。

平和から生まれる事は無限、人を苦しめる事から生まれる事などありません。

パフォーマンス上の平和ではなく、2024真の平和になる事を切に願うばかりです。

 

子供達にも「思考の格差」はあります。

同じトレーニングをしても、意識の高いクラブ生と与えられたメニューをただ行うクラブ生では明白に開きが出ています。

人の思考を変える事は出来ない。ただアドバイスは出来る。しかしそのアドバイスを苦言・小言と捉えられると何も通じない。

格差はそんなところからも影響しているのかもしれません。

思考を変えるのは、自分の癖を見つける事と気付きです。いつからでも人は変われるのです。

もう一回、また頑張る、諦めない。チャレンジは将来の自分を作り出します。

 

今日もお読み頂きありがとうございました。

良い一日をお過ごし下さい。