2024スタートしました。今日は1月6日、あっと言う間です。

しかし元日には北陸地方で大きな地震がありました。特に石川県の方々のご苦労はいかばかりと思います。

一瞬にして生活が一変し、大切な家族、友人、仲間の命や環境が奪われました。

3.11を経験した時の思いがよみがえり、携帯、テレビから流れる緊急地震速報の音、揺れ、不安、恐怖に身が固まりました。

年末年始を利用して別土地を訪れていましたので、余計に不安は募りました。

被災者の方にお体を大切に、ご無理なさらないで、の言葉は気休めにしかならないかもしれません。

被災した皆さんが欲しいのは、いつもの、今までの生活です。家、家族、環境、仕事、学校、友だち全てです。

家よりいい物はありません。自宅程くつろげるところはありません。

避難生活をしたことのある方々は口を揃えてそう言います。今朝も震度5強の揺れがあり、どんなに怖かったかと想像しています。

捜索にあたって下さる方々、医師の皆さん、ボランティアの皆さん、心からお疲れ様でございます。

今こうして何不自由なく生活している事に感謝をしなくてはいけません。

福島も復興しつつあります。人間は想像以上に力を持っています。何とかする心で立ち上がってきたように思います。

私には出来る事はありませんが、毎日手を合わせています。募金もさせて頂きます。

3.11で頂いた恩を返せるように行動していきます。

いる場所は違えど、思う事、感じる事は出来ます。皆様が安心安全に過ごせる日が来ることを毎日願っております。

 

今日もお読み頂きありがとうございました。